闇金被害で弁護士に相談した時に感じたメリットとデメリット

闇金返済で弁護士に相談して感じたメリットとデメリット

 

闇金問題は弁護士に相談することでスピーディーに解決できます。
私自身も過去に闇金に手を出してしまい、弁護士のお世話になったことがありました。

 

現在は闇金から開放され、精神的に安定した日々を送っていますが、その時に「ここは気をつけておいたほうがいいな」という部分があったんですね。

 

この記事では、これから弁護士に相談しようと悩んでいる方のために、
私自身が気づいた、弁護士に相談するメリットとデメリットや注意点をお伝えしていきます。

 

 

弁護士に相談して感じたデメリット

 

依頼料を取られてしまう

 

あたり前の話になってしまいますが、弁護士に頼むということは依頼料が発生していまいます。弁護士も仕事ですので警察のように無料で動いてくれるわけではありません。

 

闇金問題の相場はおよそ5万円と言われています。
私自身が相談したときもだいだいそのくらいの依頼料でした。

 

私を含め、闇金に手をだす方というのはお金に困っている人たちです。
ですから、5万円というのはかなりの痛手になってしまいます。

 

しかし、私は職場までに電話してくる執拗な取立てに悩んでいました。それが原因で仕事にまで支障がでてしまう状況だったんですね。当時はその5万円でかなり悩みましたが、終わってみれば闇金の取り立てから開放されたことを考えれば決して高くはなかったと思っています。

 

 

闇金問題が解決しても失った信用は取り戻せない

 

弁護士の仕事は闇金問題の解決までとなります。
残念なことに闇金によって失った社会的な信用は、自分で取り戻さなければいけません。

 

闇金は利用してしまうと、自分だけではなく、親族や職場、ときには近所の人たちにまで迷惑をかけてしまいます。

 

こうしたことによって、失った社気的な信用は闇金問題が解決しても戻ってくるわけではありません。自分で時間をかけながら取り戻すしかないんですね。正直辛いです、はい。

 

 

闇金問題に詳しくない弁護士がいる

 

弁護士にも得意分野と不得意分野があります。特に、闇金問題は労力の割に弁護士報酬が安く、弁護士からするとあまりやりたくない案件のようです。

 

私がはじめに相談したのは近所の無料法律相談所の弁護士でした。しかし、闇金問題に詳しくないというか、あまりやりたくないような雰囲気でした。こちらの質問に納得いく答えが返ってこず、対応も遅いので「なんだか頼りないな」という印象だったんですね。

 

結局、その弁護士に依頼せずに専門の弁護士に依頼することにしたのですが、やはり闇金を専門にしているだけあって、対応も早く安心感がありました。最初から専門の弁護士に相談しておけばよかったなと思っています。

 

以上が、私が闇金について弁護士に相談したときに気づいた、デメリットや注意点になります。これから弁護士に相談しようと思ってる方のお役に立てれば幸いです。

 

 

弁護士に相談して感じたメリット

 

闇金問題を弁護士に相談するメリットはなんでしょうか?弁護士に相談するということは当然、依頼料を支払うことになります。「いくら闇金問題を解決できても、依頼料を含めたら損になるのでは?」そのような疑問があるかもしれません。

 

しかし、弁護士に相談することによって依頼料以上のメリットが得られるのです。
この記事では私自身が「弁護士に相談してよかった!」と思ったことをお伝えしていきます。

 

 

すばやく闇金問題を解決できる

 

弁護士に相談して一番よっかたことは、スピーディーに闇金問題を解決できたことです。闇金問題を解決するには債務整理の知識が必要になってきます。しかし、これを個人でやるにはとても大変ですし時間がかかってしまいます。

 

私自身、最初は自分でなんとかしようと情報をかき集めてみましたが、チンプンカンプンだったんですね。一方、弁護士は法律のプロです。個人とは知識や経験も違うために解決までのスピードが圧倒的に違います。

 

実際に弁護士に依頼してからスムーズに債務整理をすることができました。

 

 

すぐに業者からの取立てがこなくなる

 

闇金問題で一番困るのは悪質な取り立てです。経験した方ならわかると思いますが、かなりきついです。

 

深夜に取り立てに来たり、職場にまで取立てや電話をしてきたり、自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけることがめずらしくありません。救急車と宅配ピザとリフォーム業者が1日に来たこともありました。この手の悪質な取り立てによって、一時期精神的にかなりやられていました。

 

ところが弁護士に相談した即日に悪質な取立て行為がピッタと止んだのです。そもそも闇金業者は違法な取立てをしているため、弁護士が大の苦手です。弁護士などの専門家が入り、裁判を起こされると100%勝ち目がありません。

 

闇金業者の業界用語でも弁護士を使った人の事をB(ブラック)や、IB(一発目で弁護士介入)などと言うところからも闇金業者が弁護士の介入を嫌がっている事がわかります。

 

そのため、債務者側に弁護士がつくとと、さっさとあきらめてしまうことが多いそうです。弁護士は依頼をうけた時点で、闇金側に取り立てをやめるように働きかけてくれるため、すぐに悪質な取り立てから解放されます。

 

 

返済したお金が元本まで戻ってきた

 

一般に闇金業者は利息制限法を無視した、金利で貸し出しています。そのため元本を含め返済義務が一切ありません。 闇金業者のような法外な金利での貸付契約は法律上無効であり、返済した金額については全額返還を求めることができます。

 

しかし、これを個人でやるのは難しいです。
返済したお金を取り戻すには、証拠となる取引履歴を開示してもらう必要があります。ですが、個人で開示するように言っても闇金側はなかなか応じてくれないのが現状。

 

私自身も「履歴がない」、「自分でつけていないのが悪い」などの理由をつけられ、開示を拒否されてしまいました。当然、正当な理由のない取引履歴の開示拒否は行政処分の対象になりますが、個人レベルでは闇金業者も舐めきっているため、相手にはしてくれません。

 

しかし、法律のプロである弁護士がでてくるとなると話は変わってきます。

 

法的な手段をとられると営業の一部停止や、貸金業務停止の行政処分を受けるため、取引履歴の開示をせざるをえません。あれだけ開示を拒否していた闇金側も私に弁護士がついたとたん、コロっと態度を変え、取引履歴を開示してくれました。

 

その結果、返済したお金を元本を含め全額取り戻すことができました。

 

 

弁護士に相談することのメリットまとめ

 

・スピーディーに闇金問題を解決できる。

 

・悪質な取立てをすぐに止めさせることができる。

 

・返済したお金を元本までとり戻すことができる。