闇金業者が全額返済させてくれない・・どうしたらいい?

闇金が完済させてくれない・・

 

闇金は違法であるため返済義務は一切ありません。
無登録で営業しており、出資法で定める上限金利を超える闇金で借りたお金は、契約上無効なため、元本まで全額取り戻すことが可能なのです。

 

しかし、「違法だから契約は無効だ!返してくれ!!」といくら業者に言っても聞き入れてはくれません。業者はそんなことは百も承知でやっているのです。それどころか、債務者に返済をあきらめさせるため、さまざまな嫌がらせなどをしてきます。

 

 

闇金が債務者に返済をあきらめさせるためにすること

 

・一日中の電話攻撃
闇金の嫌がらせでもっとも多いのは電話攻撃です。
早朝や深夜、職場や親族、ときには近所など、時間や場所を問わず脅迫じみた電話をしてくるんですね。この電話攻撃により、多くの方が精神的に疲弊して、闇金の言いなりになってしまいます。

 

・各種出前が大量に届く
これもかなり有名ではないでしょうか。
頼んでもいないピザやそばなどの出前が大量に届いたりします。こちらには非は無いのに配達の人に怒られたりしますので、精神的ダメージが大きいです。

 

・取引履歴開示の拒否
闇金業者との取引履歴は違法な契約の証拠となります。
それを開示してもらうことによって、契約無効となり、全額返済させることができるんですね。しかし、開示するようにいくら言っても聞く耳をもたないことがほとんどになります。

 

その他には以下のようなものがあります。

 

・タクシーや運転代行業者を呼ぶ
・救急車や消防車を呼ぶ
・脅迫めいた電報やFAXを送りつける
・会社の金を横領している等と誹謗中傷のFAXを勤務先に送り付ける
・デリヘルを呼ぶ

 

このような行為に対処方法はなく、警察も対応してくれないことがほとんどです。
時間がたつほどに被害は深刻化し、精神的&社会的なダメージも大きくなってしまいます。

 

 

闇金から全額返済させるには?

 

闇金から全額返済させるには専門の弁護士に依頼するのが一番です。
こうした問題は時間がたつほどに被害が深刻化してしまいますし、迅速な解決が望まれます。ところが闇金問題に対応できる弁護士はあまり多くはないのが現状なんですね。

 

弁護士も万能ではありません。
医者に内科・外科などがあるように、弁護士にも得意不得意な分野があります。また、相手が相手なだけに関わりを持ちたがらない弁護士も多いのが現実。

 

ですから、依頼するなら闇金専門の弁護士事務所を選ぶのがおすすめです。
闇金専門の弁護士事務所に依頼した場合、早ければ即日に全額返済という可能性もあります。とくに取り立て行為に関しては、即日に中止させてくれるのが基本。

 

警察では取立てや嫌がらさせの問題が解決しても、お金が戻ってくることはありません。認定司法書士でも、総債権額が140万円以下という制限があります。そのため、弁護士に依頼するのがおすすめなんですね。

 

多くの事務所では電話やメールで、無料相談をおこなっているのでまずは利用してみるのがおすすめですよ。