闇金の取り立てをやめさせるために私が実際にした事

闇金の取り立てをやめさせるために私がした事

 

「どうしてもお金が必要になり闇金に手をだしてしまった・・・・・・」過去の私もその一人でした。投資に失敗し、大きな借金を作ってしまったため返済のお金が必要だったのです。あちこちで借金をしましたが、それでも返しきれず闇金に手を出してしまったんですね。

 

その結果、頻繁にかかってくる催促の電話に悩んでいました。
自宅だけならまだしも、仕事場にまでかかってきてしまい、周囲にまで迷惑をかけてしまいました。「このままでは仕事を失うかも」と追い詰められれしまったのです。

 

そこで私は、一刻も早く取り立てをやめさせるべき行動することにしたのです。

 

 

1、警察に相談した

 

一番はじめに行ったのが警察への相談でした。警察が一番ありがたいのは無料で相談できることです。なにぜ借金まみれの私にとって弁護士に依頼するとなると、依頼料がネックでした。

 

しかし、警察がしてくれたのは「頻繁に催促しないように」と電話で警告する程度でした。警察が電話してくれたことで一時的に催促の電話はおさまりましたが、またすぐに再開してしまいました。

 

そもそも警察では闇金問題を個人間のトラブルとして扱うようです。
ですので民事不介入という立場なんですね。暴力を受けたとなれば話は別ですが、取立てに迷惑しているというくらいでは動けないと言われてしまいました。

 

 

2、近所の弁護士事務所に相談した

 

次に行ったのは近所の弁護士事務所への相談でした。
タウンページで調べて、近所に初回無料相談をしてくれるという事務所を見つけたので電話をしてみました。

 

ですが、その事務所の弁護士は闇金問題にあまり詳しくないようでした。どうやら闇金問題は特殊案件となるようです。「うちでは対処が難しいので専門の事務所を訪れてみては?」と言われてしまいました。

 

 

3、闇金専門の弁護士事務所に相談した

 

闇金問題は専門家に任せたほうがいいと言われた事で、ネットで闇金専門の弁護士事務所を探してみました。たくさん見つかりましたが、その中で「よさそうだな」と感じた事務所に電話相談してみることに。

 

「取立てであれば契約した即日に止めさせることができますよ」電話の向こうの弁護士さんはこう言いました。私はその言葉に少し驚いたとともに、半信半疑でした。「いくら止めてくれといっても聞く耳を持たなかった、闇金の連中が本当に催促を止めてくれるのだろうか?」という思いがあったんですね。

 

ですが私は職場にまでもかけてくる、取立ての電話を一刻も早く止めさせたかったのです。
「もしすぐにでも取立ての電話から開放されるなら・・・」と、藁にもすがる思いで弁護士に依頼することに決めたのです。

 

契約完了後「では、さっそく業者の方に催促の中止を通達します」と弁護士さん。その数時間後「催促の中止のほうで話がまとまりました」と弁護士さんから電話がありました。そのとおりに実際にその後、闇金業者からの催促はピッタリと止まったのです。

 

「専門家に依頼するとこんなにも早く解決するのか」とただただ感心するしかありませんでした。これなら最初から、闇金専門の弁護士に相談しておけばよかったなと思います。依頼料は無料の警察や、司法書士より安くはありませんでしたが、それ以上のメリットがありました。

 

 

以上、私が闇金からの取立てをやめさせるためにしたことになります。
「今すぐにでも闇金の取立てやめさせたい!」という場合には、闇金専門の弁護士事務所に相談するのがおすすめですよ。