闇金の相談において弁護士と司法書士はどう違う?

闇金相談 司法書士と弁護士 それぞれのメリットデメリット

 

「闇金相談するなら弁護士と司法書士どっちがいいんだろう?」このように悩んでいる方は多いようです。

 

たしかに、どちらあまり身近なものではないので違いが分からず、おなじように見えてしまいますよね。そこで闇金問題に関して、弁護士と司法書士の対応がどのように違うのか解説します。

 

 

弁護士の特長

 

弁護士とはひとことで言えば代理人です。
闇金トラブルについて法的なアドバイスをし、あなたの代わりに交渉してくれます。

 

特長は司法書士とは違い、すべての法律業務を制限なくできること。司法書士には、借金または過払い金の総額に制限があったりしますが弁護士にはそれがありません。具体的には、司法書士は限度額の140万円を超えると、交渉権や訴訟代理権を失ってしまいます。

 

一方、弁護士にはそのような制限はありません。

 

そのため、借金がいくらであっても金額に制限なく闇金側と交渉することができます。ただし、その分、司法書士よりも依頼料が高くなってしまう場合が多いようです。

 

 

司法書士の特長

 

司法書士はひとことで言えば書類作成代理人となります。登記のエキスパートと思ってもらえればいいでしょう。登記とは、自分の権利関係を法的に守るため帳簿や台帳に記載することです。

 

そのため、司法書士は原則として法律行為の代理や、法律相談などの弁護士の業務をすることはできません。ですが、2003年の法改正により「認定司法書士」のみ、一部の弁護士の業務が可能となりました。

 

このことにより、認定司法書士であれば弁護士のように、闇金問題の相談や代理交渉をおこなってくれます。

 

しかし、総債権額が140万円以下の場合など制限が多くあります。その反面、弁護士よりも費用が安くすむという特長があります。

 

 

弁護士と司法書士の特長一覧

 

弁護士と司法書士の特長をまとめると以下のようになります。

 

弁護士    


依頼料 高め    
債務総額 制限なし
交渉代理権 制限なし
訴訟代理権 制限なし

 

 

司法書士


依頼料 低め
債務総額 総額140万以下
交渉代理権 有り(認定司法書士・債務総額140万以下のみ)
訴訟代理権 有り(認定司法書士・簡易裁判所の場合のみ)

 

基本的に弁護士&司法書士ともに、闇金への対応はおなじですが、司法書士には制限があると覚えておけばOKです。

 

 

弁護士と司法書士どっちに頼むべきか?

 

司法書士にはなにかと制限がありますので、やはり基本は制限のない弁護士に依頼するのがおすすめです。

 

ですが、あらかじめ債務総額が140万以下だと分かっているなら、司法書士に依頼するメリットも十分にあります。個人個人によって借金の金額や状況も違いますので、絶対に弁護士がいいとは言い切れないんですね。

 

弁護士・司法書士ともに初回無料相談を受けつけている事務所も多いので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。その際は闇金専門の事務所を選ぶようにしましょう。弁護士・司法書士にも得意分野と不得意分野があるので、専門家に任せるのが一番安心です。