闇金被害は警察と弁護士どちらに相談すべきか?

闇金被害の相談 警察、弁護士それぞれのメリットデメリット

 

闇金問題は警察と弁護士どちらに相談すべきでしょうか?その問いに答えるにはますはそれぞれの対応の仕方を知る必要があります。

 

それでは警察と弁護士の闇金対応の違いについてお伝えしていきます。

 

 

警察の闇金対応

 

近年、闇金法が改正されたことにより、警察の取り締まりも強化されています。

 

しかし、扱うヤミ金融業者の数の多さや調査の難しさから、まだまだ個人的な対応には追いついていないのが現状です。警察に被害届けを出し、受理されても即逮捕というわけにはいかないんですね。

 

警察が闇金に行ってくれるのは電話での警告といった程度です。そのことで闇金からの催促が止まることもあるようですが、一時的になことが多いようですね。また、催促が止まったとしても返済したお金は戻ってきません。

 

そもそも闇金は正式な貸金業ではないので、警察は個人間のトラブルとして扱います。闇金法が厳しくなったとはいえ、基本、民事不介入という立場です。取立てに困っているというくらいでは動いてくれませんし、お金の問題に関してはノータッチなんですね。

 

警察は無料で相談できるというメリットがありますが、一時的な抑止力にしかならない場合が多いと思ったほうがよいでしょう。

 

 

弁護士の闇金対応

 

弁護士はあなたに代わって、闇金業者との交渉や訴訟を行ってくれます。費用はかかってしまいますが、闇金問題をスピーディーに解決できるというのが特長。

 

とくに催促の電話に関しては契約した即日に止めてくれるのが基本であり、すでに返済してしまったお金に関しても、元本まで取り戻すべく交渉してくれます。

 

そもそも闇金業者は存在自体が違法なため、あなたの間に弁護士が入ったら100%勝ち目がなくなります。そのため、さっさと債権回収をあきらめてしまう場合がほとんどなんですね。もちろん、業者によってはなかなか債権回収をあきらめない場合もありますが、闇金がお金を貸すこと自体違法行為ですので弁護士がついた時点で勝ちがきまっています

 

依頼をした翌日には取立てや借金から解放されている、といったことも十分に可能なんですね。弁護士は「今すぐに闇金問題を解決したい!」、「返済したお金を取り戻したい!」という方に、非常に頼りになります。

 

法的には利息だけでなく、元本の返済義務もなくなるため、弁護士費用を差し引いてもお釣りが来るケースが多いです。私はそうでした。

 

 

警察と弁護士どちらに相談すべきか?

 

私個人の経験を踏まえると弁護士をおすすめします。
とくに「精神的&社会的に相当、追い詰められてしまっている」といった場合はなおさらです。

 

闇金は自宅だけでなく、職場、家族や親戚、ときには近所にまで催促の電話をしてくるため、長引びくほど、精神的&社会的ダメージが大きくなってしまうんですね。特に会社や家族、近くに住む人との人間関係は一度壊れる(闇金から借りてる事がばれる)と修復に長い期間がかかるか、修復できない事も多いです。

 

弁護士に相談することで被害を最小限におさえながら迅速に解決することができます。返済してしまったお金を取り戻すために、交渉してくれるのも弁護士のメリットです。これは警察ではおこなってくれません。

 

しかし、「弁護士費用を払うができない」という方もいるでしょう。その場合は取りあえず一時的な措置として警察に相談する価値は十分にあります。

 

警察に大きな期待はできず根本的な解決にはなりにくいのが事実ですが、法改正により日々、取り締まりも強化されています。なにしろ無料でおこなえますし、もしかしたら解決する場合もありますので、相談するメリットは十分にあるかと思います。